集客

【マルシェ完全攻略】マルシェとは?集客から販売方法まで全て解説

集客

マルシェに行くと、何か新しいものに出会えそうでワクワクしますよね。
趣味の合う人に出会うのが楽しみな人も居るでしょう。

人が集まるマルシェの出店は、あなたの商品やサービスを知ってもらう大チャンスです!

しかし、実際にマルシェに参加すると

・誰も立ち止まってくれない
・説明しても誰も買ってくれない
・出店費用で赤字で終わる

なんてことになっていませんか?

この記事では、ヒーリングやカウンセリングのような無形商材について、マルシェの集客から最終的にバックエンドの高額商品までつなげる方法を解説したいと思います。

あなたのマルシェが必ず変わりますので、実行できるように繰り返し読んでくださいね。

 

マルシェとは何?マーケットとの違い

最初にマルシェについて簡単に説明をしますね!

マルシェとは、フランス語で「市場」という意味です。

似た言葉で「マーケット」は、たいていの場合、企業が常設店舗や定期的に出店することを指します。

最近よく言われる「マルシェ」とは、個人で手作りした品物を販売したり、スピリチュアル系のモノやコトが楽しめる、個人対個人のイベントです。

スピリチュアル系のマルシェでは

パワーストーン、オーガニックコスメ、ヒーリングアイテム、占いコーナーなどが人気です。

ワークショップでは、マインドフルネスや瞑想など、心の健康に役立つ体験ができるころが多いです。

スピ系マルシェは、日常から少し離れて、自分自身と向き合える特別な空間です。

ちょっと疲れた時や、新しい自分を発見したい時に、足を運んでみるのがおすすめです。

 

マルシェ前日までの集客

マルシェの当日には一人でも多くの人に立ち寄ってもらえるように、事前に集客活動を行いましょう。

SNSでの情報発信は、何度も手を変え品を変えて行いましょう。
あなたが思うほど、見ている側はしつこいとは思わないので安心してください。

また、LINEやメルマガ登録者など、連絡が取れる人にも連絡してください。

 

多くの人が集客に失敗する理由

SNSでこんな投稿を見たことはありませんか?

〇月〇日にxxマルシェに参加します
手相とヒーリングをしますので、皆さん来てくださいね!

インスタやフェイスブックでよく見かけますが、この投稿で足を運んでくれるのは、仲の良い友人くらいでしょう。

メッセージの中に「誰に、どんな良いことがある」という要素が含まれていないからです。

私はいつもこんな感じだったわ…

人が行動する理由を考えなければ、集客できません。

わざわざ足を運んで来場して、あなたを探してくれる理由を考えましょう。

 

マルシェ来場者は大きく3つのタイプに分けられます(下図参照)

タイプに分けてメッセージを送らなければ、誰も来てくれないことになりますので、ご注意ください。

 

A)あなたのことを知っている人

あなたのことを知っていて、会いたいという気持ちがある人達です。

「私が出店します、会いに来てね!」と声をかければ来てくれる可能性が高いです。

◎電話、メール、DM、メッセンジャー、LINE
△SNS
△チラシ+口コミ

SNSでの情報発信も良いですが、DMやメッセンジャーが送れる間柄ならば、直接送ってください。

大切なポイントは、一対一で個人的にメッセージを送れるか?という点です。

大勢に発信した情報とあなただけに届いたメッセージ、どちらに心が動くかと考えれば分かりますよね?

 

B)技術名、方法名、固有名詞を知っている

あなたのことは知らないけれども、あなたのしていることに興味のある人達です。

例えば、「レイキヒーリングを一度体験したい」と考えている人ならば、あなたのことを知らなくてもマルシェに来て体験を受けてくれる可能性があります。

集客方法は、SNSがお勧めです。

あなたの得意なSNSを利用して
「レイキヒーリングが体験できる」
という切り口でマルシェのことを伝えましょう。

先ほどのAでは、あなたに会いたいという気持ちが強いですが、このBの人たちは「レイキヒーリング」に興味があります。

相手の興味がある点を間違えずにSNS投稿を作りましょう。

〇〇効果のあるレイキが試せます

という切り口ね!

参考)集客の基本について
相手の興味を捉えるSNS投稿は、集客の基本を知ると出来るようになります。
無料セミナーを開催していますが、不定期ですので開催日があれば、あなたはラッキーです
今すぐ、こちらからご確認ください=>SNS集客セミナー

 

C)悩みを解決したい

Cタイプがもっとも多いです。

あなたのことは知らず、していることにも興味はありません。自分の悩みを解決したい、現状を何とかしたいという人たちです。

SNSで言えば、またフォロワーになっていない、繋がっていない人たちです。

Instagramで言えば、「発見」や#ハッシュタグ検索で、あなたの投稿を見つけるという状態です。

「私がマルシェに参加します!」って

投稿しても反応しないわね

SNSで情報を検索していても、実際にリアルで体験したい人が多いです。

そのような人をお客様として獲得できるチャンスですので、SNSでの情報発信をしっかりしましょう!

 

ご参考)Instagram集客にはコツがあります!
投稿を繰り返すだけでは集客できません。
インスタで集客のコツがありますので、ぜひこちらをチェックしてください=>Instagram集客のコツ

 

マルシェ当日の集客方法

前日までの集客活動により、足を運んでくれた人に対して心を込めて接客しましょう。

問題は、大多数のあなたのことを知らない来場者です。

「あなたのことを知らない」という事実をしっかりと受け止めましょう。
よほどの有名人でもない限り、自分の事や商品をアピールしても素通りされるだけです。

もう一度、来場者のタイプを思い出してください。

マルシェ成功のためには、来場者はCタイプの人が圧倒的に多いと考えて、対策を講じる必要があります。

 

誰も足を止めない理由

来場者の求めていること、つまり、ニーズに合わせなければ、誰もあなたの前で立ち止まってくれません。

あなたがやっている事のアピールではなく、ここならあなたのニーズが満たされますよ!という視点で目に留まるように考えてください。

三角形の底辺である一番人数が多い人たちに興味を持ってもらうためには、あなたの名前ややっていることをポスターやチラシにしても足を止めません。

悩みが解決できること、探しているものが手に入ることを、しっかり伝えてあげてください。

多くの人が、この点を理解していないので、自分の事ばかりアピールしてうまくいかないのです。

 

来場者が求めていることは何か?

来場する人が何を求めているのか分かれば、集客もかなり容易になります。

オーガニック好きな人が多いと分かれば

自然派に好まれる商品ね!

しかし、ニーズを探るとか、リサーチすると言っても実際には誰が来るか分からないので簡単ではありません。

そこで、マルシェのタイトル、主催者の開催目的、告知方法などから推測しましょう。

・どのようなタイプの人なのか?
・なぜ、わざわざマルシェに来るのか?
・探しているものは何か?

思い出してください

来場者の多くは、あなたのことも、あなたがしていることがどれほど素晴らしいかも知りません。

だから、どのような人が、何を求めて来場するのか?を考えた上で、来場者の心に響くメッセージを考えるのです。

例えば、あなたが温熱療法をしているとします。
来場者が美容に興味があると分かれば「小顔になります」「ウエストのくびれ」というキーワードを使うとうまくいくでしょう。
オーガニックに興味があるなら「自然に優しい」という切り口でアピールすると良いでしょう。

「温熱療法1回10分1,000円です!」ではなく、来場者の気持ちを考えて表現を変えることが集客のカギを握ります。

 

 

会場内でのアピール方法

来場者にどのようなメッセージを伝えるかが決まったら、場内で告知する方法を考えましょう。

マルシェ会場内では、主に3つの方法が考えられます。

会場内の告知方法
・会場パンフレット
・店の前やテーブル
・チラシやポスター

 

会場パンフレット

入場の際に手渡される場内マップと簡単な案内です。

書ける紙面は限られていますので
誰のどんなお悩みがどのようになる〇〇(名前)
を基本形にして考えてください。

来場する人たちは、自分の抱える悩みを何とかしたいと思っています。だから
悩みが変わる!理想になる!
このポイントを中心にして訴求してください。

 

店の前やテーブル

アピールポイントは先ほどと同じですが、通り過ぎる人の足をどうやって止めるか?を考えましょう。

足を止める仕掛け
・2メートル離れていても目に入る
・動く、光る、音、匂い、、、
・会場パンフレットと共通のブランディング

近くに来ないと何をしているか分からないようだと、通り過ぎる人を惹きつけるのは難しいです。

多くの人は、あまり話しかけられたくないので、少し遠くからあなたの様子を窺うでしょう。
そこで、2メートルくらい離れたところからでも分かるようにアピールすることが必要です。

工夫すること
・大きな文字、特徴的なデザイン
・会話のきっかけになる小道具
・手渡しできるチラシやプレゼント
など

共通のブランディングというのは、パンフレットやポスターなどで共通のデザインや文字などを使い

「入口でもらったパンフで見たのは、ここなのね!」

と思い出してもらうことが狙いです。

机の上に置くPOPや、机の前や横に大きいバナー、動きのある小道具、動画など、主催者のルールに従って実施してください。

 

チラシやポスター

チラシは近くを通った人に手渡すためのものです。
ポスターは店の周りやデスクなどに飾るものです。

デザインは共通で良いと思います。

ポスターは表だけですが、チラシには裏面を使って詳細な情報や連絡先を掲載すると、マルシェ終了後に連絡が来るかもしれません。

あなたの連絡先やSNSをQRコードにして

掲載するといいですよ!

もし、デザインを変える場合には共通性に気を付けてください。
あまりにも違い過ぎると同一人物だとは思われませんのでご注意を!

 

最強の集客手段!声掛け

万全の準備をしても、ライバルが多いので集客は難しいかも知れません。

そんな時には、通る人にあなたから積極的に声をかけましょう!

体験を勧める会話のステップ 
1. 気軽でフレンドリーな声掛け
2. 悩みや困っていること、何に興味があるかを聞く
3. 探しているものがあることを伝える
4. 体験を勧める

たいていの人は、自分の売込みに必死で、こちら(来場者)が何を求めているのかを聞きません。

声をかけてから距離を縮めるためには、相手の興味を中心に会話を行うことです。

自分の売込みではなく、相手が何を探しているのか?がポイントです。

これができるようになると、かなりの確率であなたの前に座って、体験や安価なモノなら買ってくれるようになります。

 

 

マルシェを使った販売方法

マルシェ会場では、安価な料金の体験はしてくれても、高額商品を販売することは少し難しいでしょう。

だからといって、マルシェに参加しても売上に繋がらないという意味ではありません。

マルシェでは、お客様と対面で話が出来る貴重なチャンス!

面と向かって会話をした経験は、あなたの信頼度を一気に上げます。

マルシェだけでの売上を考えずに、マルシェはきっかけと割り切って、次につなげる仕組み(今後の流れ)を考えましょう。

SNSでどんなに良い投稿の人でも

実際に会って話した人には敵わないよな~

 

体験してもらう

マルシェ会場では、声をかけてどんどん試してもらいましょう。良さが伝わったら、無料または有料で体験をしてもらうのです。

体験の注意点
・体験時間のメリット、デメリットをしっかり伝える
・本当の商品との違いを理解してもらう
・本物の商品ならどのように問題を解決できるかを伝える

限られた時間の体験ですので、あなたの良さが全て出せるはずもありません。

正規商品できっちり実施した場合との違いを伝えることで、販売につなげるのです。

体験は15分なので、〇〇しか効果がありません。

実際には60分間しっかりしますので

体験とは違いxxまで改善させることできます!

 

次につなげる

マルシェでは体験中心と割り切って、無料や安価な価格で出来るだけ多くの人に試してもらいます。

体験中に良さをじっくり説明しながら、サロンに足を運ぶとどんなに良いことがあるかを説明するのです。

体験中ならお客様もしっかり話を聞いてくれるから説得しやすいですよ!

 

体験後が大切!

お金をいただいて体験してもらったら、そこでサヨナラの人も多いですが、それではビジネスになりません。

必ず次につながる動きをするのです。

体験から次につなげるコツ
・満足度を確認する
・感想を聞く
・連絡先を聞く
・また会いたくなるような会話をする
・口コミを依頼する

連絡先は、ハードルの低いインスタでフォローしてもらうくらいなら、Noと言われにくいでしょう。
もちろん、LINE交換ができれば、次につながる可能性が高いですね!

感想や満足度は、しっかりと聞いて、ネガティブな反応こそ、しっかりと受け止めて改善につなげましょう。

ネガティブなことを言ってくれる人は、あなたのことを思っているので、改善すればファンになってくれます。

このような貴重な人を大切にすることが、長く続けるコツになります。

 

 

結論)マルシェ完全攻略

あなたが何をアピールするかを考える前に、どのようなお客様に、どのような声をかけるかを考え、事前準備をしてください。

ほとんどの人が自分の言いたいことだけになっているから、誰も足を止めないのです。

来場者にはピラミッドの3タイプに分かれていることを思い出し、3タイプの人それぞれにどのようにアプローチするか考えてください。

 

その次に、マルシェでの目的を2つに分けてください

1.当日の売上
2.連絡先の確保(近い未来の売上!)

多くの方が、当日の売上に一喜一憂していますが、ビジネス的に考えれば間違いです。

マルシェを通じて、連絡先を一人でも多く手に入れてください。
連絡が取れるようになったら、少しずつお誘いをすればよいのです。

マルシェ当日が赤字だから、出店を辞めようかと相談されることがあります。

しっかり考えて欲しいことは
マルシェで知り合った人の、その後の売上まで含めて計算する
ということです。

マルシェを有効活用して、あなたのビジネスを成長させましょう!応援しています!

 

【楽しく簡単なひとり起業】起業塾1日無料体験のお知らせ
起業塾を探している方のために、セミナーに無料で体験できる機会を設けました。起業塾の参加者やセミナーの雰囲気など、嘘偽りのない本当の様子を体験できます。内容に自信があるから無料で体験していただけます。この機会にぜひご参加ください。

 

コメント